当会では、明智一族に伝わる貴重な伝承品の管理、貸し出しを行っております。
伝承品には、(明智光秀公の使用した)兜、甲冑、馬具、古文書など、さまざまなものがございます。
これらの伝承品の中から、光秀公が佩用していたと伝わる「鍔」のレプリカを作成いたしました。

この鍔は、平安城象嵌鍔に分類されるもので、室町時代後期から江戸時代前期にかけて作られたものです。
平安城象嵌鍔は、丸形の鉄地に真鍮で、唐草・家紋などの図案が象嵌(はめこみ)されたもので、装飾性の高いものです。
この度作成したレプリカは明智一族に伝わる実物の鍔を元に再現したものです。
光秀公が佩用していたことを示すように、明智家の家紋である桔梗紋が象嵌されています。
光秀は美濃で生まれ守護土岐氏に仕え斎藤道三と戦い、越前では黒坂備中守に従い、その後、将軍義昭を奉じて織田信長と共に上洛を果たし、幕府奉公衆を経て、信長の家臣となり、多くの戦いに臨み生き抜いてきました。
この鍔も、光秀と共にこれらの戦いを生き抜いてきたものであることを思うと、現代に残る光秀の遺産といえます。
皆さまも、この鍔を通じて、明智光秀公への思いを馳せていただけますと幸いです。
京都府 ギャラリー阿里迦様、当会ホームページにて取り扱いをしております。
尚、ご提供価格は1枚、15,000円(税込)+送料360円(税込)となっております。レプリカの販売に関するお問い合わせ、ご購入はこちらから受け付けております(ご購入の際は、お問い合わせフォームに平安城象嵌鍔購入希望の旨、ご記入ください)。